令和6年ハクレン情報

令和6年ハクレンのジャンプ観測日記

6月4日(月)ハクレンジャンプ動画撮影成功

昨日の雨により利根川の水位が少し上昇した影響か、朝早くからハクレンの動きが活発で、午前中だけでも10匹程度の集団ジャンプが4回発生しました。
その内、9時45分頃の集団ジャンプの終盤部分を捕えることができました、比較的長く20秒程度続いていました。
発生場所は右岸のテトラポット付近、左岸の真正面の川岸付近などまちまちで広範囲に及び、観察場所からは少し遠めの傾向にありました。
また、水位計は11.0mで昨日より1m増水しテトラポットが完全に水没、水面は下段の踊り場下タイル3枚でした。

ハクレン001

(動画提供:小林一郎氏)

6月1日(土)集団ジャンプ発生

5月中旬よりハクレンの動きが見れるようになっていましたが、突然6月1日10時50分頃、左岸の鉄塔下左側の浅瀬でハクレンの集団ジャンプが発生しました。
水位計は10mでテトラポットの頭が出ており多いとは言えない状況でしたが、数十匹のハクレンが40秒位に渡りジャンプし、シーズン開始を高らかに宣言してくれました。
これは例年より10日位早い発生で、また規模も大きく、ビックリ。
気候変動によるものかと思いつつ、目の前で繰りひろげられている「ハクレン利根の舞」に見入ってしまいました。

ハクレン0001
ハクレン0002

(写真提供:小林一郎氏)

ハクレンとは・・・

ハクレン

ハクレンは、中国大陸原産のコイ科の魚で、体長1メートルを超える大きな魚です。
仲間のコクレンとともに「レンギョ」と称され、日本では利根川、霞ヶ浦水系に多く見られます。

 

観測できるのは・・・

1年のうちたった1日か、せいぜい数日と言われています。毎年6月から7月にかけて利根川の下流から産卵水域に集合!!数十匹単位の大ジャンプが、1日数回から多いときは数十回見られることもあるそうです。期日も不定で年によっては1カ月以上前後するため、簡単に見ることができません。

川妻付近がハクレンの自然産卵場所になっており、毎年6月から7月にかけて利根川の下流から産卵水域に集まって待機します。かなりの数のハクレンが一個所に集まるため、ダイナミックなハクレンのジャンプが見られます。

※現在、国土交通省による堤防強化工事が実施中のため、観測の際にはご注意していただけますようお願いいたします。

 

このページの内容に関するお問い合わせ先

まちづくり戦略課 広報戦略グループ

〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1 役場1階

電話番号:0280-84-1111

ファクス番号:0280-84-1478

メールでお問い合わせをする

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
メール認証のためのメールアドレスをご入力ください。
  • 【ID】P-5614
  • 2024年6月7日
  • 印刷する
このページの先頭に戻る