Language閉じる

くらし

ごみの野焼きは法律で禁止されています

ごみの野外焼却(野焼き)は、例外として認められている場合を除き、法律によって禁止されています。  

 野焼きによる煙、すす、悪臭は、ご近所に迷惑をかけるだけでなく、ダイオキシン類などの有害物質の発生原因になります。また、空気が乾燥しやすい時期になると、火災を引き起こす危険性もあります。 簡易焼却炉による焼却やドラム缶での焼却、ブロック積み焼却、穴を掘っての焼却も野焼き行為とみなされ、処罰の対象になります。 家庭や事業所から出るごみは、正しく分別を行い、決められた方法で適正に処理しましょう。

野焼きの例外

野焼きの例外として次の6項目があります。

(1)構造基準を満たした焼却炉による焼却行為(県知事の許可を受けている特定小型焼却炉)

(2)災害の予防や応急対策、復旧のために必要な焼却(災害時の木くず等の焼却や消防防災訓練による焼却など)

(3)風俗慣習上または宗教上の行事を行うために必要な焼却 (どんど焼き、かがり火、たいまつなど)

(4)教育活動の一環として行われる焼却行為 (キャンプファイヤー、土器の製作に伴う木くずの焼却、飯ごう炊飯による焼却など)

(5)農業、林業、漁業を営むためにやむを得ないものとして行われる焼却行為  
※廃ビニールの焼却は不可

(6)たき火その他日常生活を営む上で通常行われる燃焼行為であって軽微なもの (落ち葉たきなど)
※一般家庭から出る生活ごみは不可

 これらの例外にあてはまる野焼きをする場合でも、周辺への生活環境には十分配慮して、ご近所の迷惑にならないようお願いします。 役場では、野焼きによる苦情(相談)があった場合には、訪問して野焼きの即中止、または改善指導を行い、みだりに焼却しないよう指導しています。

※野焼きの通報については生活安全課(84-3618)までご連絡ください。
 なお、夜間・休日などで緊急を要する場合は、境警察署(86-0110)へご連絡ください。

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生活安全課 生活環境グループです。

役場1階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-3618 ファックス番号:0280-84-1478

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?