Language閉じる

くらし

児童扶養手当

児童扶養手当の概要

 父母の離婚などにより父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭の生活の安定と自立の促進を目的として支給される手当です。
 手当の支給にあたっては、所得による制限があります。手当を請求する者及び同居家族の所得が所得限度額を超えた場合、手当の全部又は一部が支給されません。
 ※児童扶養手当を受けるためには申請が必要となります。

支給の対象となる児童

児童とは、18歳に達する日以後、最初の3月31日までの者

  • 父母が離婚した後、父(母)と生計を同じくしていない児童
  • 父(母)が死亡した児童
  • 父(母)が一定の障害の状態にある児童
  • 父(母)の生死が明らかでない児童
  • 父(母)が引き続き1年以上遺棄している児童
  • 父(母)が引き続き1年以上刑務所等に拘禁されている児童
  • 母が婚姻によらないで生まれた児童
  • 母が児童を懐児した当時の事情が不明である児童

※心身におおむね中度以上の障害(特別児童扶養手当2級と同じ程度以上の障害)がある場合、20歳未満までとなります。

手当の額(平成31年4月から)

〇全部支給
 対象児童が1人の場合 月額42,910円
 対象児童が2人の場合 月額53,050円
 対象児童が3人目以降 1人につき6,080円ずつ加算されます。

〇一部支給
 対象児童が1人の場合 月額10,120円~42,900円
 対象児童が2人の場合 月額15,190円~53,030円
 対象児童が3人目以降 1人につき3,040円~6,070円ずつ加算されます。

支給日について

 支給日は、令和元年度は、4月(12~3月分)、8月(4月~7月分)、11月(8月~10月分)、1月(11月・12月)、3月(1月・2月)の11日です。支給日が土曜日・日曜日・祝日の場合は繰り上げて支給されます。
 なお、令和2年度以降は、奇数月の年6回支払いです。

現況届

 現在児童扶養手当の認定を受けている方は、支給要件等の確認のため、8月1日現在の状況について8月中に現況届を提出していただきます。
 ※全部停止の方も、毎年現況届の提出が必要となります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康福祉課 社会福祉グループです。

役場1階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-0006 ファックス番号:0280-84-0149

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?