1. ホーム>
  2. くらし>
  3. くらしのお知らせ>
  4. ひまわり畑づくり、2年目始動!

ひまわり畑づくり、2年目始動!

成長の様子

6月9日(水)種まきから2週間。

種まきからちょうど2週目。

順調に2種類のひまわりが成長していました。

比較してみると・・・やはり東北八重のひまわりは、ハイブリッドサンフラワーに比べ少し小ぶりな印象です。

サンプル画像1

ひまわり畑の畝(うね)の様子

サンプル画像2

「ハイブリッドサンフラワーNEO」

サンプル画像3

「東北八重」

来週中頃には、「間引き」を行う予定です。

毎日暑い日が続きます。農作業や外での作業の際は、水分補給と適度な休憩でくれぐれも熱中症にはお気を付けください!

 

6月2日(木)種まきから1週間が経過。畑の様子を見てみると・・・

畑へ近づいてみると、畝の上に小さな芽があります。

2種類の品種ともに、無事小さな芽が土の中から出てきていました。

サンプル画像1

ひまわり畑の畝(うね)の様子

小さな緑が見えます

サンプル画像2

「ハイブリッドサンフラワーNEO」

サンプル画像3

「東北八重」

今回2年目となるこちらのひまわり畑、実は「水田」なんです。

そのため、水はけをよくする為に「畝(うね)」を立てています。

身近に畑がある場合は、ぜひ畑の様子を観察してみて下さい!

ただし、勝手に他人の畑や田んぼに入るのはトラブルにも繋がりますので、ご注意くださいね。

 

ひまわりの種まき 見頃は7月下旬~8月上旬

5月26日、小手指地区において地元ボランティア方による「ひまわり畑づくり」が行われました。

2年目となる今年は、2種類のひまわりを準備し、種まきにのぞみました。

サンプル画像1

大きな畑がひまわり畑の舞台

サンプル画像2

地元のボランティアの方が中心となり、

種まきを行いました。

サンプル画像3

染谷町長も種まきに挑戦

今回は、太陽の家のみなさんもボランティアで参加してくださりました。

 

サンプル画像1

種まきをする太陽の家のみなさん

ひまわり畑 太陽の家 集合写真

太陽の家のみなさんと作業終了後に記念撮影

ひまわりの特徴

キク科ヒマワリ属は北アメリカ原産の一年草。

漢字では「向日葵」と書き、別名を「日輪草」、英語では「Sunflower(サンフラワー)」といい、

太陽と関係の強い夏の花です。

品種

今回のひまわり畑にまいた品種は2種類。

「ハイブリッドサンフラワーNEO」

特徴:開花時の草丈が150cm前後で、倒れにくいです。

みなさんがよく見る「ひまわり」は、主にこちらの品種で景観形成作物として多く普及しています。

「ヒマワリ 東北八重」

特徴:八重咲のヒマワリで、ふかふかとした厚みのある花が特徴。比較的、背が低い品種です。

 

サンプル画像1

ハイブリッドサンフラワーNEO

サンプル画像2

ヒマワリ 東北八重

成長の様子は、随時更新していきます!お楽しみにしていてください!
最後に、ひまわり畑の地元ボランティアの方々です。

ひまわり畑 集合写真 ボランティア

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは産業課 地域振興グループです。

役場2階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-2582 ファックス番号:0280-33-3414

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る