東昌寺

東昌寺(全景)

概要

創建は、永享11年(1439年)といわれる古刹で,足利氏の家臣であり関宿城を築いたという簗田河内守(やなだこうちのかみ)平満助の菩提寺として建立されました。
梵鐘は,元亨年間(1321年ごろ)に下野国の鋳物師・大工甲斐権守卜部助光が制作したものとされ,昭和43年3月に茨城県指定文化財に指定されています。

使用料金:応相談
使用可能な日時:応相談

アクセス

・圏央道「五霞IC」から車で約12分

・東武日光線「幸手駅(東口)」からタクシーで約18分

東昌寺 山門 正面 東昌寺 梵鐘

東昌寺4(正面) 東昌寺5(内部)

東昌寺6(鐘撞堂) 東昌寺7(参道)

地図を見る:東昌寺

※別ウィンドウで地図が表示されます。

〔住所〕
〒306-0301   五霞町大字山王山827番地1

〔マップコード〕
45 377 334*52

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり戦略課 広報戦略グループです。

役場1階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-1111 ファックス番号:0280-84-1478

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る