1. ホーム>
  2. 行政・しごと>
  3. まちづくり>
  4. シティプロモーション>
  5. ごかフィルムコミッション>
  6. ごかフィルムコミッションについて~五霞町の交流人口の拡大を図る~

ごかフィルムコミッションについて~五霞町の交流人口の拡大を図る~

ごかフィルムコミッション

五霞町では,シティプロモーションの一環として映画・ドラマ・バラエティ等の協力等をサポートします。

ごかみらい産業団地 H30.6.19 ハクレンのジャンプ(小林一郎氏提供) 関宿水閘門(1)

五霞町は関東平野のほぼ中央,茨城県の西南端に位置し都心から車で約1時間の四方を河川に囲まれた水と緑豊かな街です。

川と共に歩んできた五霞町では,川にまつわる歴史や縄文時代に端を発する文化財,自然環境や自然風景,工業団地など,さまざまなロケーションを有しています。

撮影等を通して五霞町の名前と魅力を全国に発信し,一人でも多くの方にこの地域を愛するようになって欲しいと思っています。

このようなサポートができます。

  1. ロケ地の紹介
  2. 撮影時に必要な許認可に関する協力
  3. 施設管理者等と撮影許可に関する連絡調整及び撮影時の立会い
  4. その他,撮影等に必要な協力

ロケお役立ち情報

制作者の皆さまへ

ごかフィルムコミッションでは,町内での各種撮影についてのお問い合わせや支援依頼を受け付けています。

撮影等支援のご依頼については,下記関連ファイルの『ごかフィルムコミッション利用規約』をよくお読みいただき,『撮影等支援依頼書』をダウンロードし,必要事項をご記入の上,ごかフィルムコミッション事務局(まちづくり戦略課 広報戦略グループ)まで,FAXでご送信ください。

なお,当面の間,ロケを行うにあたり,新型コロナウイルスの急速な感染拡大に対応するため,『新型コロナウイルス対策確認票』による確認を条件に,受け入れを行うこととしておりますので,依頼書の添付資料として提出をお願いします。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うごかフィルムコミッションのロケ等の対応について(2月24日)

茨城県では,新型コロナウイルスの陽性者数及び病床稼働率が県の解除基準を満たしたことから,県独自の緊急事態宣言を2月23日から解除することとなりました。

しかしながら,国の緊急事態宣言は継続していることから,ごかフィルムコミッションでは,下記の対象地域からのロケ受け入れについて,ロケ隊へのコロナ対策確認票の提出と全員検査の要請を引き続き継続することといたします。

なお,感染状況によっては,急遽,対応を変更する場合もありますので,ご承知おき願います。

 

1 ロケ隊へ要請する内容

  • コロナ対策確認票の提出
  • ロケハン,ロケ時にロケ隊の全員検査(PCR検査又は抗原検査:ロケ当日原則3日以内に結果がわかるもの)
  • ロケ隊(スタッフ,キャスト,その他関係者)は,ロケバス等を使用し公共交通機関(タクシー等の利用も含む)は使用しないこと
  • ロケ地の管理者を含む五霞町在住者との接触を避けること
  • 五霞町内ではロケ地以外は立ち寄らないこと

 

2 対象地域

緊急事態宣言が発令されている都道府県,および直近1週間の陽性者が人口10万人あたり15人を超える都道府県

 

3 対応期間

対象地域の指定解除まで

※感染状況の変化により県独自の緊急事態宣言及び,国の緊急事態宣言の期間に応じて対応します。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり戦略課 広報戦略グループです。

役場1階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-1111 ファックス番号:0280-84-1478

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る