平成25年ハクレン情報

平成25年 ハクレンのジャンプ観測日記

ハクレンの自然産卵場所です。毎年6月から7月にかけて利根川の下流から産卵水域の栗橋地先に集まって待機します。かなりの数のハクレンが一個所に集まるため、ダイナミックなハクレンのジャンプが見られます。
はくれん25-4

7月30日

本日は、太陽が顔を出し、風もなくじりじりとした陽気です。ハクレンも数匹が、バシャバシャと音は出しますが、姿は確認できなく、また、昨日まで網で確認できた卵も、下流へ流れていったのか、すくうことは出来ませんでした。ただ、1匹の小さい魚が4、5回連続してジャンプする姿を目撃し、未来の大魚への片鱗をうかがわせる光景を目の当たりにしました。

7月29日

利根川は、雨が降りしきり川の水位は減りましたが、流れは速いままでした。
はくれん25-3

7月27日

無風状態の今朝の利根川。朝から蒸し暑く水位は若干増えて、流れもいつになく速いようです。魚釣りを楽しんでいらした仲良し親子発見です。

7月18日

川の水位が増しています。お昼頃に、カヌーに驚いたハクレンが五、六匹一斉にジャンプしたとの情報提供がありました。
はくれん25-2

7月10日

“暑い”1日でした。風もなく、嫌がらせのように太陽が照りつけてきます。

7月1日

日ごとに減りつつある水量です。時折ジャンプしてくれるハクレンがいました。

6月29日

水位は増々下がってしまいました。

6月27日

昨夜の雨が降り水位があがりました。川の流れも急になり風が肌寒い日です。もしかすると・・本日の夕方あたりは・・・と期待しています。
はくれん25-1

ハクレンとは・・・

ハクレンは、中国大陸が原産のコイ科の淡水魚です。古来、中国では、ハクレン、コクレン、ソウギョ、アオウオの四種を 「四大家魚」と呼び、食用として養殖が行なわれていました。毎年6月から7月の産卵期に、数十匹単位の大ジャンプが、1日数回から多いときは数十回見られます。

地図を見る:川妻団地駐車場

※別ウィンドウで地図が表示されます。

〔住所〕
〒306-0314   五霞町大字川妻2170-43

〔マップコード〕
45 460 385*25

※周辺には駐車場がありませんので、お車でお越しの際には川妻団地駐車場(ハクレンジャンプの見どころまで徒歩約10分)をご利用ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせはまちづくり戦略課 広報戦略グループです。

役場1階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-1111 ファックス番号:0280-84-1478

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る