児童手当について

児童を養育する人に手当を支給し、家庭生活の安定と児童の健全な育成、資質の向上に資することを目的とした制度です。

申請は、出生や転入から15日以内に!

児童手当等は、原則申請した月の翌月からの支給となります。

お子さんが生まれたり、他の市町村から転入したときは、役場に「認定請求書」を提出してください。
※申請が遅れると原則遅れた月分の手当を受けられなくなりますので、ご注意ください。

初めてお子さんが生まれたとき

出生により受給資格が生じた日の翌日から15日以内の申請が必要です。

第2子以降の出生により養育するお子さんが増えたり支給額が増額になるとき

支給額が増額する事が発生した日の翌日から15日以内の申請が必要です。

転入・転出により他の市町村に住所が変わったとき

転入した日・転出予定日の翌日から15日以内の申請が必要です。

公務員になった、公務員でなくなったとき

役場と勤務先に届出・申請をその翌日から15日以内の申請が必要です。

支給対象について

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方
※原則として、児童が日本国内に住んでいる場合に支給されます。
(児童が留学のために海外に住んでいて一定の要件を満たす場合は支給対象になります。)

父母が離婚協議中などにより別居している場合

児童と同居している方に優先的に支給されます。

父母が海外に住んでいる場合

その父母が日本国内に児童を養育している方を指定すれば、その方(父母指定)に支給されます。

児童を養育している未成年後見人がいる場合

その未成年後見人に支給されます。

児童が施設に入所していたり、里親などに委託されている場合

原則として、その施設の設置者や里親に支給されます。

児童手当の対象児童及び支給額について

対象児童 支給額(月額)
3歳未満 一律 15,000円
3歳以上
小学校修了前
第1,2子 10,000円
 第3子以降 15,000円
中学校修了前 一律 10,000円

所得制限以上

年齢に限らず一律 5,000円

※「第3子以降」とは高校卒業までの児童を年齢の高い順に数えます。
    高校生は支給対象ではありませんが第1子と数えます。

所得制限について

扶養親族等の数 所得額
0人 622万円
1人 660万円
2人 698万円
3人 736万円
4人 744万円
5人以上

上記の額に1人につき38万円を
加算した額が上限となります

現況届について(毎年6月に提出)

※現況届の提出がない場合、6月分(10月支給)から児童手当を支給することが出来ません。

現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当等を引き続き支給出来るかどうか
確認するためのものです。
送付された必要書類を期日までにご提出ください。

児童手当の手続きの際は、平成28年1月から個人番号(マイナンバー)の記載が                                                           必要です!

どんなとき

・認定請求(第1子のお子様が生まれたとき/五霞町へ転入したとき など)
・別居監護申立(単身赴任等により受給者と児童が別居するとき など)
・個人番号変更等申出(個人番号が変わったとき など)

記載の方法

上記の手続きをする際に、窓口で以下を確認しながら、原則として申請者(児童の保護者)本人に記載していただきます。
(1)個人番号が記載された公的書類(個人番号カード・通知カード・個人番号付きの住民票の写し等のいずれかの1点)
(2)申請者の本人確認書類 【顔写真つき】1点(運転免許証など) 【顔写真なし】2点(健康保険証・年金手帳 など)
※個人番号カードをご提示いただいた場合は、(2)は不要です。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康福祉課 社会福祉グループです。

役場1階 〒306-0392 五霞町大字小福田1162番地1

電話番号:0280-84-0006 ファックス番号:0280-84-0149

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る