川妻浄水場のしくみ

浄水場のしくみ

(1)吸水槽

 利根川右岸より取水し、ポンプで川妻浄水場まで圧送する。

(2)着水井

 原水・返送水の水位変動を安定させる。

(3)沈砂池

 比重の大きな砂、木片等を除去する。 また、粉末活性炭、カセイソーダを注入する。 オイルフェンスを設置している。

(4)薬品混和池

 前塩素を注入し、アンモニア、鉄、マンガン、藻類を除去する。 
 原水中の汚濁物質を凝集させるためのPAC(凝集剤)を注入し、フラッシュミキサーにより勢いよく攪拌させる。 

(5)フロック形成池

 凝集した微小フロックをフロキュレーターによりゆっくりかき混ぜ、沈めやすい大きな粒子(フロック)に成長させる。

(6)沈でん池

 浮遊物質、フロックの大部分をここで沈めて除去する。汚泥を排泥池に圧送する。 

(7)急速ろ過池

 濁質が除去された清澄水は、急速ろ過装置でさらにろ過され、沈でん池でも除去できなかった微細な浮遊物を取り除き、浄水となる。

 (8)塩素混和池

 滅菌用の後塩素を注入し、安全な水道水になる。 そして配水池に圧送する。

 (9)配水池

 圧送されてきた水道水4000m3を貯留する。

 (10)配水ポンプ

 水道水を送り出すポンプ。配水ポンプ3台は、インバーター制御により給水区域(各家庭)に水道水を圧送する。

(11)排水池

 ろ過池洗浄水、濃縮槽上澄水、天日乾燥床の上澄処理水を貯留する。 
 貯留水はアジテーターにより攪拌分離され、上澄水は着水井に返送され再使用される。 
 濃縮されたスラッジ(水中の濁質が沈降した泥状のもの)は排泥池に送られる。

 (12)排泥池

 沈でん池より引き抜かれたスラッジを貯留する。
 排水池からのスラッジと併せて、アジテーターにより濃縮され、濃縮槽に送られる。

 (13)濃縮槽

 沈でん池から送られたスラッジを沈降分離する。 
 沈降したスラッジは、シックナーで中央の排泥ピットに集められ、天日乾燥床に送られる。

 (14)天日乾燥床 

 濃縮されたスラッジを、天日により乾燥させる。 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは上下水道課 水道グループです。

川妻浄水場内 〒306-0314 五霞町大字川妻953番地

電話番号:0280-84-3000 ファックス番号:0280-84-0828

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

五霞町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る